東京大学(東大)理科Ⅲ類合格者高校別ランキング2018

東大理Ⅲは合格者98名中15名が灘高出身で
今年も圧倒的な実績を残している。
しかも11名が現役合格である。

  • 1位 灘(兵庫)15名
  • 2位 開成(東京)9名
  • 3位 桜蔭(東京)8名
  • 4位 聖光学院(神奈川)4名
  • 5位 麻布(東京)3名
  • 6位 東海(愛知)2名
  • 6位 ラ・サール(鹿児島)2名
  • 6位 県立前橋(群馬)2名
  • 6位 洛南(京都)2名

出典 サンデー毎日2018/3/25号

スポンサーリンク

総評

日本一難しい東大理Ⅲ。
ほとんどが中高一貫の各都道府県のトップ私立が
合格者を出している。

そんな中6位に入った県立前橋は2名合格者を出しており、
かなり健闘していると言える。

現役合格者で言うと、
灘が11名、開成9名、桜蔭は全員現役合格の8名、
麻布が3名となっている。

東大合格者数では負けるが、灘が実質日本一の進学校と言える。

スポンサーリンク