大阪大学(阪大)合格者高校別ランキング2018

1位は昨年に引き続いて北野高校。
北野は2018年において京大・阪大合格者数NO.1の
2冠達成。昨年6位の天高が今年2位まで浮上している。

  • 1位 北野(大阪)79名
  • 2位 天王寺(大阪)64名
  • 3位 奈良(奈良)58名
  • 4位 茨木(大阪)57名
  • 5位 長田(兵庫)49名
  • 6位 三国丘(大阪)43名
  • 7位 大手前(大阪)42名
  • 8位 膳所(滋賀)41名
  • 9位 姫路西(兵庫)36名
  • 10位  大阪桐蔭(大阪)35名
  • 11位 生野(大阪)32名
  • 11位 神戸(兵庫)32名
  • 13位 洛南(京都)30名
  • 13位 豊中(大阪)30名
  • 15位 畝傍(奈良)29名

出典 サンデー毎日2018/3/25号

スポンサーリンク

総評

阪大は今年8432人が志願して3324人が合格。
倍率は2.5倍で昨年の2.3倍からやや上がり、
志願者数も700人ほど増加。

京大合格者数ランキングでは私立が優勢で
上位10位以内の7割は中高一貫の私立であるが、
阪大は大阪桐蔭以外すべて公立トップ校が上位を占めている。

関西圏以外では金沢泉丘が24名、熊本高校が24名、
岐阜高校は18名、高岡高校18名合格者を出している。

阪大の地元占有率はやや高い。

上記以外では明星高校が京大合格者を減らしながらも
阪大では26名合格者を出すなど健闘。

清風南海はやや阪大合格者を減らし26名合格。

大阪星光学院や清風高校は19名となっている。

スポンサーリンク