津田塾大学合格者高校別ランキング2018

三大女子大で最も難易度が高い津田塾大。
今年志願者数は5031名で合格者数は1710名。
倍率は2.9倍であった。

  • 1位 浦和第一女子(埼玉) 26名
  • 2位 鷗友学園女子(東京) 25名
  • 3位 前橋女子(群馬) 24名
  • 4位 川越女子(埼玉) 20名
  • 4位 吉祥女子(東京) 20名
  • 6位 国分寺(東京) 19名
  • 7位 光塩女子学院(東京) 17名
  • 8位 立川(東京) 16名
  • 8位 西(東京) 16名
  • 8位 昭和学院秀英(千葉) 16名
  • 11位   白百合学園(東京) 15名

出典 サンデー毎日2018/3/11号より

スポンサーリンク

総評

津田塾はそこまで定員厳格化の影響を受けず、
ほぼ昨年並の難易度となっている。

倍率も2.8倍から2.9倍と昨年より0・1倍高くなったのみ。

昨年同様浦和第一女子が1位で2位が鷗友学園女子と
ランキングにも大きな変化は見られず、
首都圏の有名女子校がランキング上位を占めている。

上位11位以内で、東京が7校、千葉が1校、埼玉2校、群馬1校と
他大学に比べると、地元東京の占有率が高い。

スポンサーリンク