同志社大学合格者高校別ランキング2018

同志社は上位15位に入った高校のうち
私立が大阪桐蔭・清風・明星・洛南の4校。
他11校はすべて公立高校でいずれもトップレベルの進学校。

  • 1位 大阪桐蔭(大阪)162名
  • 2位 膳所(滋賀) 161名
  • 3位 北野(大阪) 142名
  • 4位 豊中(大阪) 140名
  • 5位 三国丘(大阪)136名
  • 6位 奈良(奈良) 135名
  • 7位 茨木(大阪) 134名
  • 8位 洛南(京都) 121名
  • 9位 四条畷(大阪) 116名
  • 10位  清風(大阪) 115名
  • 11位   大手前(大阪)114名
  • 12位   明星(大阪)111名
  • 13位   春日丘(大阪)106名
  • 14位 神戸(兵庫)102名
  • 15位 岐阜(岐阜)101名

出典 サンデー毎日2018/3/11号より

スポンサーリンク

総評

同志社は今年さらに志願者数が増え、
48367名中13350名が合格の競争率は3.6倍。

阪大後期入試廃止の影響で、国公立志望の受験生の多くが
関関同立トップの同志社を受験している。

同志社以外の関関立では
あまり私立トップ校が上位にランクインしない傾向にあるが、
同志社の場合、洛南が10位、清風南海22位、四天王寺23位、高槻28位、
西大和学園27位など中高一貫の私立トップ校も同志社を受験しているケースが多い。

スポンサーリンク